So-net無料ブログ作成

土佐堀通り〜大阪

宮本輝の小説「血脈の火」を読んだらなんだか中之島に行ってみたくなって、
寒い中歩いてきました。他にも気になるお店やビルが沢山あったので
ずらりご紹介。

マップ?のマークからスタート。
まずは中之島の一番西のはずれ。おそらくここが元は7丁目だったのかなあ。
小説にでてくるお家はこのあたりかも。しかし今は公園になってしまって
しかも殺風景。北から南の幅は50メートルもないのでしょうか?
仕方ないので島の向側にある A 青物市場(魚かな?)を撮影。画面左右とも
橋なんですよねー。寒い。

画面左手の B 瑞建橋を渡ります。小説読んだ方、これがその橋ですよ。

こちら C は昭和橋。昭和7年頃の完成のようです。沢山打ち込まれた
リベットが時代を感じます。味気ない経済成長時代の橋よりかっこいいです。

昭和橋を渡って、さっきの中之島を望む。ボートの免許教室が川に面して
あるので、何隻かありますね。 D

写真にとらなかったんですが昭和橋を渡ると、上に高速も走っている交差点が
あります。ここの南側に新しく天然温泉が出来てました。ビジネスホテルも
かねているので、大阪出張の方はいかが?

さて、その交差点を渡って川沿いにいくとすぐにかわいいパン屋さんが。

しかもそのパン屋さんのおとなりに、フォードが止まってました。

さらに歩くと、おお、私の大好きなアールデコ時代の家具のお店。

川沿いにはおそらく古くから家が並んでいたんでしょうねえ。でも
南側にビル群なので全体的に寒いです。ひょっとするとこの古いお宅も
昼を過ぎると日がささないのかなあ。

さて、土佐堀橋を横切っていくと小さい橋 H 越中橋です。そこから
中之島東方面を望む風景。

橋をおりるとすぐにカフェがありました。 I 北欧をテーマにしたお店のようです。
シャッターが半分おりていたので中にはいらず。

さあ、本日のメインとも言えるレトロビル。まずは裏側から。

裏側の階段。昔の建物って、目立たないとこにもきちんと仕事されてますね。

表の入り口。東側、道路に沿ってではなく角に作ってあるのが面白いです。

ビルの全体。いいですねえ。この建物は土佐堀のバス通りからもちらっと
見えます。以前から気になってたのでやっと写真にとれました。 J

ちょっと川沿いの裏道に戻ります。やや、こんな可愛いビルが。 K 会社の
ようです。カフェになってもいいかんじ。でも画面切れちゃった。残念。 

おなじ並びに珍しいタイプのガラスブロック。Kのビルより確か西隣だったかな。

これがビルの全体。わりと新しい?案外60年代の築かな?

さあ、もう肥後橋のたもとにきました。このビルは昔から有名ですね。L。
中のレストランは変わったみたいですが、今度入ってみようかなあ。

この土佐堀通りから靫本町まで、まだまだ期待できる物件がいっぱい。
でも京町あたりに昔マルキン醤油のアールデコ風のビルがあったんですけど、
もうないだろうなあ〜・・・。


nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます